MTS Simple Bookingビジネス版をちょいとカスタマイズ!

もう1年以上前の事ですが、仕事でMTS Simple Bookingビジネス版を購入後、カスタマイズしまくった時の記事があったのであげてみました。
いっぱいカスタマイズしましたが、一部だけブログに書いてたみたいです。

ちゃんと開発者のエムティシステム様に連絡を取りカスタマイズしました。
勝手にやってないよ(笑)
エムティシステム様、ありがとうございます。
<ここから昔書いた記事>

予約品目にカテゴリー追加してみました!
ソースコードはこちら
wp-content/plugins/mts-simple-bookingにある「mtssb-article.php」の71行目?

私は54行目なんだけど・・・

そこをちょいとカスタマイズ

protected function _register_post_type() {

$labels = array(

'name' => __('Booking Articles', $this->domain),

'singular_name' => __('Booking Article', $this->domain),

'add_new' => __('New Booking Article', $this->domain),

'add_new_item' => __('Add New Booking Article', $this->domain),

'edit_item' => __('Edit Booking Article', $this->domain),

);
$args = array(

'label' => 'Articles',

'labels' => $labels,

'public' => true,

//'publicly_queryable' => false,

'rewrite' => array('slug' => 'article'),

'hierarchical' => FALSE,

'supports' => array('title', 'editor', 'thumbnail', 'excerpt', 'page-attributes'),

'taxonomies' => array('article_category', 'article_tag'),  //ここを書き換え

'register_meta_box_cb' => array($this, 'register_meta_box'),

);

register_post_type(self::POST_TYPE, $args);

それが終わったら、オリジナルテーマのfunction.phpに下記を追加

add_action( 'init', 'create_article_taxonomies');

function create_article_taxonomies() {

// カテゴリを作成

$labels = array(

'name' => '予約品目カテゴリ', //複数系のときのカテゴリ名

'singular_name' => '予約品目カテゴリ', //単数系のときのカテゴリ名

'search_items' => '予約品目カテゴリを検索',

'all_items' => '全てのWebカテゴリ',

'parent_item' => '親カテゴリ',

'parent_item_colon' => '親カテゴリ:',

'edit_item' => '予約品目カテゴリを編集',

'update_item' => '予約品目カテゴリを更新',

'add_new_item' => '新規予約品目カテゴリを追加',

'new_item_name' => '新規予約品目カテゴリ',

'menu_name' => '予約品目カテゴリ' //ダッシュボードのサイドバーメニュー名

);

$args = array(

'hierarchical' => true,

'labels' => $labels,

'rewrite' => array( 'slug' => 'article_cat' )

);

register_taxonomy( 'article_category', 'mtssb_article', $args );

}

これでカテゴリーが付けれるようになり、

<?php wp_list_categories(array('title_li'=>'', 'taxonomy'=>'article_category', 'show_count'=>1)); ?>



でカテゴリーの一覧表示が出る様になります!

時間が正確に表示されなくなってしまう
オリジナルテーマのfunction.phpに下記の記述はさけましょう。

//*****************************************

//date.timezone設定

//*****************************************

//date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');


上記はWordPress上で「date」関数を使うと、9時間ずれて取得されるので設定する為に使用するのですが、

この関数を使用するとMTS Simple Bookingで時間が正確に表示されなくなってしまいます。

だから、コメントアウト!

<ここまで昔書いた記事です>

と、タイムゾーンは微妙(;^_^A
なんでわざわざfunctions.phpにタイムゾーン書いてたんだろう?それさえも記憶がない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中